仕事は3年続けろって言うけど、それ本当?

f:id:mitsumamebomber:20190427021443j:image

 誰しも一度は聞いたことがある言葉だと思います。3年続ければなにかいいことがあるのでしょうか?

 新社会人が社会の荒波に飲まれ、将来の展望に不安を持ち、上司や家族に相談をした時、この言葉が使われます。

「まだ結論を出すには早すぎない?」

「とりあえず3年は続けてみない?」

こんな感じです。

3年立つとどうなるのでしょうか。

 当たり前ですが、どんな仕事でも最初から上手くできる人はいません。最初は右も左も分からず、人に聞いたり調べたりしながら、日々の業務に取り組むことになります。初めて経験することばかりで辛いこともあるでしょう。時には上司やお客さんに怒られて涙を流すこともあるでしょう。

 それでも止めずに続けていれば毎日の積み重ねで実力は伸びてきます。少しずつ仕事を覚え、要領も良くなり、怒られることも少なくなってきます。着実に成果を出せるようになり、誰かに誉められることも増えてくるでしょう。

 この頃になると同僚や上司、お客さんに一人前として認知されているはずです。その頃には辛いことも減り、辞めたいと言う気持ちは少なくなっていると思います。

 実際3年と言う数字に意味はありません。どのくらいの期間で一人前になれるかは職種や本人の資質によります。ですが人は終わりがあれば頑張れるもの。この言葉は3年という期間を定め、諦めかけている若者を奮い立たせるための言葉なのです。