北の国から[ROYCE'(ロイズ) ポテトチップチョコレート オリジナル]

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

 

本日は、北の国からお届けします。

別に北の国に来ているわけではないけど、物理的にお届けになります。

 

ポテチ界の異端児、ロイズのポテトチップチョコレート!!


ROYCE'(ロイズ) ポテトチップチョコレート オリジナル

 ※記事執筆時はポチッた直後のため商品画像になります。

 

バレンタインデー記念ということも有り、よめさまにおねだりしてお取り寄せをしてもらうことになりました。

北海道って学生のときの学会で行ったきりなんですけど、白い恋人や六花亭のチョコレートみたいなお菓子のお土産が美味しい記憶があります。

 

思い出せば、こいつを初めて食べたのは今から20年前(うろ覚え)。

まだ中学生の時でした。

 

別にバレンタインデーでもらったとかじゃなく、親戚のお兄ちゃんの北海道旅行土産でいただいたのですが、その時は甘いポテチが受け入れられず、あんまり食が進まなかった覚えがあります。

 

次に食べたのはそれから約6年後、大学生の時です。

この時はバレンタインデーでした。

北海道生まれの同じサークルの子が年末年始の里帰りに買ってきて、バレンタインデーまで冷凍庫に保存したものを頂きました。

交互に訪れる甘さとしょっぱさで飽きずに完食できるタイプのポテチでした。

 

その子とは結構仲が良かったのですが、こういったイベント的なモノをもらえるとは思っておらず、少しドキドキしてしまいました。

こちらの心を見通したのか、「冷凍庫にしまったまま忘れていた。他のやつに食わせるのは気が引けるからお前が食え」とその子に言われましたが、それでも実は自分に気があるんじゃないかと思い少し緊張してしまいました。

 

そのまましばらくもやもやしていたのですが、冷蔵庫に根っこと芽が伸びきった大根が入っていたり、洗濯物を1週間干しっぱなしだったりする子だったので、やっぱり気のせいだったという結論に至りました。

 

めでたしめでたし。