手帳難民の方へ ビジネス手帳はバレットジャーナルがおすすめ

手帳難民

 「どの手帳を使ったらいいんだろ」

 「去年の手帳はメモが少なくて失敗したなあ」

 「今年はどんな手帳があるかなあ」

 

毎年こんなことを考えていませんか?

手帳選びに悩む手帳難民の方に、もと手帳難民のわたしが考える最良の手帳を紹介します。

f:id:mitsumamebomber:20190207233619j:plain

手帳選びは難しい

 

手帳難民の方、手帳を書くために手帳を買っていませんか?

 12月や3月になると書店や文具店に並ぶ大量の手帳。そこに定期的に通い、端から手帳に目を通していくも、結局何も買わずに帰る手帳難民の方々。すっかりお馴染みになった冬と春先の風物詩です。

  手帳を見るのは楽しいもので、時間がたつのもあっという間。あれがいいかな、これがいいかなと悩んでいるうちに閉店時間になり、また暇を見つけてこようなどとと考えている。

 去年までの私です。

 

 理想の手帳を探すため、暇を見つけては書店やロフトに出かけていたのですが、ある日、突然気づきました。

 

「あれ?これって手帳に踊らされてない?」

 

 手帳は自分を管理するためのもの。予定や行動を計画し、記録し、見直すことで自分や自分の周囲の向上を図るためのものです。手帳探しに多大な時間をかけ、毎年のように手帳を変えるのは、手帳本来の目的を見落としているのではないでしょうか。

 目標を管理したり過去を省みたりするためには、同じ尺度、形式での定点観測が不可欠です。手帳をかえれば、形式や視点は変わらざるを得ません。バーチカルやホリゾンタルなどの形式が違えば管理できる時間の粒度が変わりますし、メモの大きさが違えば前は書けていたチェックリストやtodoはかけなくなります。

 手帳型探しに時間をかけるのほあまり得策ではないのではないでしょうか。

f:id:mitsumamebomber:20190208001823j:plain

たくさんの手帳が並ぶ手帳コーナー

2019年の流行は? 渋谷ロフトのプレスに聞いた売れ筋手帳10選 - 趣味女子を応援するメディア「めるも」

 

理想の手帳は見つからない

 そもそも手帳選びに時間がかかるのはなぜでしょうか。

 わたしは下記の3点が我々の手帳選びを難しくしていると考えています。

 

手帳メーカーは自分専用の手帳を作ってくれない

 手帳に求めるものは人それぞれです。人の数だけ理想の手帳があるといえるでしょう。でも書店に並んでいる手帳はいわゆる大量生産品です。製品のターゲットこそ絞っているものの、ビジネスマンや主婦といった括りで設計される最大公約数的な製品です。なので、惜しい手帳は数多く見つかるものの、自分にぴったりな手帳が見つかることは稀でしょう。

 

使い始めた手帳は途中で変えにくい

 「手帳を買ったはいいものの使いにくかった」「仕事や生活環境が変わって今使っている手帳ではスケジュール管理できなくなった」誰しも一度はこんな経験があると思います。

 そんなときあなたは今まで使っていた手帳を替えますか?替えませんよね。そのまま1年間我慢して次の手帳選びの参考にするはずです。使っていた手帳の中身を新しい手帳に書き写すのは手間だし、新しい手帳を買うのもそれなりにお金が必要ですので、手帳を替える人は少数派だと思います。

 手帳は途中で替え辛いことが我々の手帳選びをより慎重なものにしています。

 

選択肢が多すぎる

 最後の理由はとてもわかりやすい明確な理由です。市場に出回る手帳の種類が多すぎることです。試しに「手帳の高橋」で有名な高橋書店のHPで製品を検索してみましたが、19年1月はじまりのもので227件もの製品が検索されました。一つのメーカでこれですから、市場全体では数千単位の製品が出回っていると思われます。

書籍・手帳・日記・家計簿・カレンダー|高橋書店

 

 手帳メーカーが販売している製品から理想の手帳を見つけ出すのは非常に困難です。いえ、理想の手帳は見つからないといったほうが正しいのではないでしょうか。

f:id:mitsumamebomber:20190129135244j:plain

理想の手帳が見つからない・・・

 

バレットジャーナルで自作手帳を初めてみませんか

手帳を自作してみませんか

 手帳選びに多くの時間を割くべきではない、理想の手帳は見つからないと書いてきました。もう探しても見つからないなら、自分で作ってしまえばいいのではないでしょうか。

 自分で作ればページ数、形式、メモ欄全て自由です。ToDoリスト専用ページも好きなだけ作れますし、表紙をお気に入りの画像にしたりもできます。手帳を使っていて失敗したなと思っても、作るときに必要な分だけ作るようにしていれば、次の部分を作るときに修正することもできます。今まで悩まされていたことから解放されます。

 作るのが手間だとか、美しく作れないかもしれないとか不便な点はありますが、それを補ってあまりある魅力が自作手帳にはあります。

 手帳にこだわり持つ手帳難民の方にこそ、自作手帳をお勧めします。

 

手帳カスタマイズ術

館神竜彦 ダイヤモンド社 2011年12月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

作り方に悩むときはバレットジャーナル

 とはいえ、手帳を自作するといっても、どうやって作るかでまた悩む方も多いと思います。あまり手をかけずに作りたいという方も多いと思います。そんな方にこそお勧めなのがバレットジャーナルです。冒頭で書いた私の考える理想の手帳もこれです。

 バレットジャーナルについては、公式サイトの日本語約等も含め多数の開設サイトが出ていますので、説明は割愛しますが、要点だけ言うとこんな感じです。

 

  • 予定ややりたいこと、考えていることを1冊のノートで管理する
  • どんなノートを使うかは自由
  • 内容は短文で過剰書きで記述
  • 記載内容にはkeyと呼ばれる記号を付け分類する
  • すべてのページにページ番号を振る
  • インデックス、フューチャーログ、デイリーなどのページを作り必要な時に必要な分だけ準備する

 ノートとペンだけで始められますし、解説するHPや書籍も多数出ています。また、フリーのページレイアウトを公開しているHPもありますし、専用ノートや専用のシールなども販売されていますので、自作手帳はやりたいけど手軽に始めたいという方にはベストの選択だと思います。

 

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

Marie ディスカヴァー・トゥエンティワン 2017年10月13日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

バレットジャーナルはビジネスでも使える 

 私も会社で使う手帳はバレットジャーナル方式で自作しています。使ってみた感想としては、ビジネスで全然使えますね。いやむしろ、ビジネス向きです。ビジネス向きだなと感じた点を記載します。

 

  • 全て1冊のノートで済むので持ち運びに便利
  • 自由に使えるのでメモ欄が足りないということはない
  • ページ番号、インデックスの考え方は最初はめんどくさいと思ったが、後で検索するとき非常に便利
  • マンスリーなど予定を記載するページは都度作成なので、好きなレイアウトをいろいろ試せる
  • タスク管理、会議などのスケジュール管理にkeyの考え方が便利

 

 最初はノートとペンがあれば始められるので、手持ちのノートで試しに始めてみませんか?最初は面倒だと思っていても使っているうちに、これじゃなきゃダメになるかもしれません。

 

 


≪方眼≫ LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム) ノートミディアムサイズ A5 Squared(方眼)ブラック 1896-315928 【ネコポス可】ギフト お祝い 新社会人 こだわり 母の日 父の日 万年筆 シンプル バレットジャーナル 手帳術
 


バレットジャーナルが簡単に作れる、A5サイズのスターターキットです。初めてマイジャーナルに挑戦したいという方におすすめの商品です。マスキングシール12枚 B6・中とじノート1冊(64ページ)3000円以上お買い上げで送料無料! A5・スターターキット・カリグラフィ