なろう系小説でよくあるチートを分類するよ

f:id:mitsumamebomber:20190408233635p:plain

なろうといったらチート。

チートを得た主人公は作品世界で無双します。

本日はなろうでよくあるチートの分類を考えます。

 

↓前回記事:チートってなあに?

なろう系小説でチートがよく出てくる理由を考える - プロ社畜目指してます

 

 

よくあるチートの分類です。

大抵の作品では複数の分類のチートを組み合わせて独自の世界を構築しようとされています。

どんなチートが、どのような経緯で習得され、どのように行使されるのかがなろう系作品の大きな魅力です。

 

基礎能力チート

筋力や体力、魔力、速度などの基礎パラメータが他者を凌駕するタイプです。

なろう系の世界では、能力値を数値で示すステータス系の魔法が存在する確率が非常に高いのですが、これは分かりやすく主人公の凄さを読者に伝えるのにとても効果的です。

国民的少年漫画の〇ラゴンボールや〇遊白書でも取り入れらていますね。

そのステータス魔法で見た結果、主人公の能力値は、一般人の数倍ー数億倍となているタイプのチートです。

分かりやすいのはいいのですが、話が単調になりやすい特徴があります。

 

技術・スキルチート

主人公が特別な技術やスキルを持つパターンです。

大きく分けて2種類の取得方法があります。

一つは前世で習得した何かしらの技術、もう一つは異世界でシステム的に身につけたスキルです。

主人公が持ちうる技術やスキルは実に多彩ですが、ざっくり分類をすると大まかに下記になります。

  • 戦闘系・・・剣術や体術など直接戦闘に活かせるチート
  • 魔法系・・・魔法の習得や行使を効率的にするチート
  • 支援系・・・アイテムボックスなど活動を補佐するチート
  • 生産系・・・ものづくりにおいて発揮するチート
  • その他・・・能力奪取など上記に当てはまらないチート

この類のチートを使う場合は能力バトルになりますので、作者のアイデアやオリジナリティーが問われることになります。

 

知識チート

主人公がその世界の知識レベルを超越した知識を持っているパターンです。

ざっくり分類すると歴史系と技術系の2種類になります。

歴史系のチートとは、その世界でこれから何が起こるかを知識として持っている状態です。

過去の戦国武将に転生した作品や人生をやり直す系の作品がこれに当てはまります。

技術系のチートは、文明レベルの低い世界に現代の自然科学の知識を持って転生した場合をさします。

いわゆるNAISEIといいうやつです。

農業や工業、自然科学の知識を魔法に応用など実に利用価値が高いチートになります。

 

環境チート

主人公を取り巻く環境が特殊でその環境で育った結果、チートを得るパターンです。

「主人公の育ての親が伝説の勇者で、幼い頃から鍛えられたので、チートと呼ぶにふさわしい能力を得る。」といった具合です。

珍しいパターンでは、チートを望んだ主人公が神様に精神と時の部屋で10000年特訓させられてチートを得るというパターンもありました。

また、チートは何も能力に限りません。

金銭や権力といった目に見えない要素を最初から所持しているパターンも環境チートと言って差し支えありません。

 

システム系チート

主人公だけ別の法則が適用されている場合はシステム系チートです。

レベル上限が100の世界で主人公だけ上限なしや主人公だけスキルポイントを自由に振り分けられるなどが代表例です。

お分かりになると思いますが、このチートは数あるチートの中でも壊れやすいチートです。

気を許していると一瞬で主人公は神に等しい存在になります。

扱いは難しいですが、てっとりばやく主人公を最強にしたい場合は、このチートがおすすめです。

 

主人公補正チート

何をやってもご都合主義で上手くいくのが主人公補正チートです。

主人公が作中でやったことに関して、登場人物がやたら持ち上げてきたり、都合が悪くなっても誰かが助けてくれるチートです。

環境チートに近いものを感じますが、環境チートはその環境に由来する主人公の実力です。

支援・主人公補正系チートは、実力ではなくご都合主義でなぜかうまくいくことを指します。

ある意味、全ての作品の主人公が持ち合わせているチートになります。

 

アイテム系チート

主人公が特殊なアイテムを所持していることをアイテム系チートと呼びます。

伝説のアイテムを所持しているのが一般的な例です。

また、スマホなどの現代機器を所持しているのもこのチートです。

某アニメ化されたなろう系小説では、主人公が特殊なスマホを使って、チート全開ハーレムを作り上げていましたね。

 

まとめ

本日はなろう系小説でよくあるチートの一例とその分類を紹介しました。

 

 

↓ なろうは社畜向けの趣味です

www.mmbomber.com

 

 ↓おすすめのなろう系小説を紹介しています。

www.mmbomber.com