【アドセンス収益の最大化】クリック単価の高い広告を優先的に表示させる方法

f:id:mitsumamebomber:20190309031550p:plain

クリック単価を上げたい

できることならクリック率、単価共に最大を目指したいアドセンス。

アドセンスの設定を見直すことで収益を最大化できるかもしれない方法を紹介します。

本日紹介するのはクリック単価を上げる方法です。

アドセンス収益の計算式

まずは前提知識の確認になります。

アドセンスでの収益は、クリック単価とクリック数の積算になります。

 

 アドセンスでの収益=クリック単価×クリック数

 

その上でクリック数はPV数×クリック率ですので、下記として表現できます。

 

 アドセンスでの収益=クリック単価×クリック率×PV数

 

アドセンスの収益を最大化するためには下記の3つの手段があることになります。

  1. クリック単価を上げる
  2. クリック率を上げる
  3. PV数を増やす

どこから手を付けるべきかはブログの状況やブロガーの好みによって分かれるとは思いますが、基本的にすべてを満遍なく対策することでより高いアドセンスの収益を獲得できるはずです。

本日紹介する方法は、1.クリック単価を上げる方法になります。

 

広告ジャンルによるクリック単価の違い

当然のことですが、広告はジャンル毎に相場が異なります。

広告率が高いジャンルもあれば低いジャンルもあります。

可能であれば、自分のブログには単価が高い広告を優先的に表示し、単価が低い広告は表示しないようにするべきです。

 

クリック単価が高いジャンル

  • 金融・保険(ローン、投資、保険など)
  • 美容・医療(エステ、整形、薬、手術など)
  • 高額な購買品(自動車、住宅など)
  • 婚活・結婚(結婚式、出会いなど)
  • 転職関係

これらのジャンルはYMYLと言われるジャンルになります。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略語で、Googleの検索品質評価ガイドライン内で「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」を指して使用されている用語です。

参考:

https://static.googleusercontent.com/media/www.google.com/ja//insidesearch/howsearchworks/assets/searchqualityevaluatorguidelines.pdf

クリック単価は、基本的に20-30円ぐらいが一般的ですが、これらのジャンルはクリック単価が100円を超えることも多く、中には1000円を超えることもあるジャンルです。

アドセンスの収益を拡大したい場合、意識したいジャンルになります。

 

クリック単価が高い広告を優先的に表示させる方法

アドセンスでは、配信される広告はブログの記事やCookieの情報から自動で決まります。

自分が意図した広告を必ず出せるわけではありませんが、単価が高い広告を出す確率を上げる方法はあります。

  1. ブログの内容を特定のジャンルに特化させる
  2. 単価が高いキーワードで記事を書く
  3. 表示させる広告のジャンルを絞る
  4. 競合が多く単価が高い広告サイズを選ぶ

①ブログの内容を特定のジャンルに特化させる

アドセンスの広告は、記事と関連性の高い広告や閲覧者の事前の検索情報から、閲覧者に必要と思われる広告が自動的に選ばれて表示されます。

したがって、ブログのジャンルを絞ることで表示させたい広告のジャンルをある程度制御可能です。

また、ブログへの流入経路は基本的には検索流入を期待するべきです。

その場合、閲覧者は明確に回答を求めてあなたのブログを訪れますので、あなたが選んだブログのジャンルの広告が表示される確率はより高まります。

ただし、クリック単価が高いジャンルは他の競合も多いと思われますので、その競争にまずは打ち勝つ必要があることがデメリットになります。

②単価が高いキーワードで記事を書く

記事を書く際、検索されるキーワードを想定して執筆すると思います。

そのキーワードとそれに関連するアドセンス広告の単価は、キーワードプランナーで予測することが可能です。

キーワードプランナーとは、Google広告に登録することで利用可能になるツールで、キーワードの検索ボリューム、過去の広告単価などの情報を調べることが可能です。

キーワードプランナー等で広告単価を確認しクリック単価が高いキーワードを選定して記事を書くことでクリック単価を上げることができます。

③表示させる広告のジャンルを絞る

アドセンスの設定画面から表示させる広告を絞ることができます。

下記の順番で制限画面を開けます。

・広告のジャンルを絞る方法

  アドセンス管理画面の左メニュー

 →ブロックのコントロール

 →すべてのサイト

 →任意のカテゴリ、URLの制限など

f:id:mitsumamebomber:20190325000555p:plain

アドセンス広告のブロック

この画面では表示する広告のジャンルを絞ることができます。

また、過去30日間の広告表示回数の割合と収益額の割合を確認できますので、その実績で表示回数の割に収益割合が低いカテゴリをブロックすることで、単価が高い広告を表示させやすくすることもできます。

④競合が多く単価が高い広告サイズを選ぶ

アドセンスでは、指定したサイズ・種類の広告ユニットを作成し、それをブログに張り付けることで広告を表示させています。

この広告ユニットの種類とサイズでもクリック率、クリック単価に違いがあります。

基本的に大きい広告のほうがクリック率、クリック単価共に高いと言われています。

特に336×280の広告ユニットは、このサイズの広告を出そうとする広告主が多く、競合が高いためクリック単価が高くなる傾向が強いので、積極的に使っていきたいサイズになります。

まとめ

・アドセンスでの収益=クリック単価×クリック率×PV数

・アドセンスの収益を最大化する方法

  1. クリック単価を上げる
  2. クリック率を上げる
  3. PV数を増やす

・クリック単価が高いのはYMYL関連の広告

・クリック単価が高い広告を表示させる方法

  1. ブログの内容を特定のジャンルに特化させる
  2. 単価が高いキーワードで記事を書く
  3. 表示させる広告のジャンルを絞る
  4. 競合が多く単価が高い広告サイズを選ぶ