【リクルータ式】ダメな志望動機の3つのパターンと選考を通過する書き方

エントリーシートが通過した画像

就職活動において最初の関門となるエントリーシート。

志望動機が書けないという学生さんの悩みを毎年のように伺います。

本日は社畜リクルータ式志望動機の考え方や書き方を解説します。

 

 

志望動機とは何か

志望動機とはその企業を志望した理由です。

まさにそのままです。

「子供のころから憧れていた」

「家が近かったから」

「給料が高いから」

こんな簡単な理由でも志望動機になります。

 

志望動機に求められるもの

就職活動という競争が激化することで志望動機の意味は変わらずとも、求められるものは変わってきました。

就活サイトではこんなことが書いてあります。

「なぜその企業なのか」「なぜほかではダメなのか」をきちんと説明できないと、内定までたどりつくのは難しいでしょう。それと同時に「なぜ自分を採用すれば企業にとって利益となるのか」もアピールする必要があります。

出典:マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について

 今の時代、志望動機には「なぜその企業に入りたいか」を論理的に説明することが求められています。

 

リクルータ的な目線での志望動機

リクルータ的には志望動機はその学生さんを図る指標としています。

最初の面談の時に確認し、その出来具合で今後の相手との付き合い方や支援方法を探るために使っています。

何を見ているかというと、

  • 論理的な文章を構成する能力はあるか
  • 就職活動慣れしているか
  • 自社や業界を調べているか
  • 夢見がちな子か現実的な子か

などなどです。

ぶっちゃけリクルータ的には最低限の論理構成ができていて、変な勘違いがなければ良しです。

こう書くと簡単そうに聞こえますができていない人のほうが多いです。

 

志望動機を書けない学生さんの例

就職活動において重要視されている志望動機。

これが書けない学生さんをリクルータとして何十名か見てきました。

そういった学生さんのパターンを書いていきます。

 

パターン①:夢見がち

壮大なストーリーを書いた結果、意味が分からなかったり論理的におかしい文章になったりしています。

自分の経歴と照らし合わせての説得力がなかったり机上の空論めいています。

 

パターン②:他人に興味がない

自分が何をやったとか、何をしたいとか自分のことしか書かないタイプです。

なぜ志望したかを聞かれているのに自分語りで忙しく、結局なんで志望しているのか伝わんないタイプです。

 

パターン③:すごいもの書かなくちゃ

ネットや先輩から脅された結果、すごい志望動機を書かなければいけないと思い込んでいるタイプです。

すごいものを書かなくちゃと思っているので、筆が進まずなかなか選考に進めません。

 

志望動機を書けない理由

先ほど3つのパターンを上げました。

彼らに共通するのは、志望動機が就職活動においてどんな役割を持つかを理解できていないことです。

志望動機の意義を理解できていれば、ドリーマーな志望動機を書くことも、自分語りに終始することも、不安になって筆が進まないなんてこともないでしょう。

とはいえ、書きなれていない文章を書く必要があることも理由なんだと思います。

 

志望動機の書き方

一番いいのは自分なりの書き方や構成を見つけてもらうことです。

ですが、就職活動を効率的に進めるために指導する場合は骨組みから進め方の順で教えていました。

 

志望動機の骨組み

  1. 貴社の〇〇に魅力を感じている
  2. なぜなれば私は〇〇と考えているから/〇〇の経験があるから
  3. 貴社で働くことで〇〇を実現したい。

重視していたのは、志望する企業のことと自分のこと、その根拠を必ず含めることです。

これらを含めることで志望動機に説得力を持たせ、自分がその企業を志望する必然性を盛り込むことができます。

200文字でも800文字でもどんな文字数の志望動機でもこの内容は盛り込むように指導していました。

 

志望動機のすすめ方

  1. 志望している企業の気に入ったところを探す
  2. 自分の中で似ているところを探す
  3. その根拠となる経験や知識、技術を考える
  4. 志望動機の骨組みを書く
  5. 文字数に合わせて肉付けしていく

上の構成で書くための進め方です。

完璧な文章である必要なないのです。

嘘がなく、自分なりの考えや経験を論理的に構成できていれば問題ありません。

 

まとめ

  • 志望動機は「なぜその企業に入りたいか」を論理的に説明する必要がある。リクルータ的には論理構成ができていて、変な勘違いがないことが大事。
  • 志望動機に過剰な内容を盛り込んだりする必要はない。自分がそうなっていないか注意が必要。
  • 志望動機には、志望する企業のこと、自分のこととその根拠を盛り込む。そうすることで説得力を持たせ、自分がその企業を志望する必然性を説明できる。